最大のことは最小のこと…そして最小限必要なこと

抜けるような青空!元気のいい方言!気持ちのいい街!それは…広島です。西日本豪雨の被災地、広島に行ってきました。そこにあるのは瀬戸内の気候や、広島弁が飛び交う日常なのに、日常生活がままならない人たちがいます。そんな方のために、どんなことでもいいから、力になりたくて。やらせていただいたのは、掃除、洗濯、買い物。ガレキを片付けたり、荷物を運んだりするような、大がかりなことではありません。それでもいい、それがいい、小さなことでいい。一生懸命磨き、丁寧に洗い、両手いっぱいに買い込み…普段何気なくやっていることなのに、気付けば必死でした。自分にできる最大のことは、被災された方には最小かもしれません、でも、最小限のことに苦労されているのが現実です。市街地には、球場へ向かう多くの広島カープファンがいました。街を真っ赤に染めること、それもできることのひとつだと思いました。野球を通して街全体を応援すること、経済を鈍らせないこと、復興に必要なことだと思うのです。それぞれができることでいいと思うのです。帰りに、折鶴を3羽折りました。自分にできる、もうひとつのこと…広島の平和を心から願いました。ベルタ葉酸