名前書きの手間が省けるかもしれない?消しゴムハンコ

4月になると、学校に必要なものの一つにゼッケンがあります。
体操服に縫い付ける作業もあるのですが、字が上手くない私は名前を書くのが苦手。
しかも漢字が難しいので、マジックで書くと滲んで見えなくなりそう。
そう思った時にあるアイデアが浮かびました。
それは消しゴムハンコです。
これさえ作れば、毎年の名前書きの作業が一つ減ると思いました。
早速、消しゴムハンコを100均で購入。

PCで名前を書いて紙にプリントします。
ゼッケンに合わせた大きさにするといいです。
文字をトレーシングペーパーかオーブンに使うツルツルしたペーパーに書き写します。

書き写した面をひっくり返して消しゴムハンコの上に乗せて、文字を転写させます。
指や鉛筆などで文字の部分を擦ると写しやすいです。

ここまですると面倒くさいと思いますよね。
しかしこの手間をかけて、毎年の名前書きの苦労から解放される!と思い頑張りました。

あとは名前の部分を残して、余白をカッターや彫刻刀で彫っていきます。
木の版画と比べると、消しゴムは柔らかくて彫りやすいです。

完成したらゼッケンに捺して使います。
インクが上手くつかなかった時は、マジックでなぞるといいですよ。
今年で消しゴムハンコを作って四年目を迎えた消しゴムハンコですが、まだまだ大丈夫です。
ハンコの大きさを変えると、いろんなところで活用しそうです。
お時間があれば、ぜひ作ってみてください。